医療レーザー脱毛を受ける注意点

バナー

医療レーザー脱毛を受ける注意点

医療レーザー脱毛は、病院などの医療機関でレーザーを使って脱毛することです。

エステは病院ではないので、レーザーを使うことができません。


そのために、フラッシュという弱い光を使用していて、レーザーよりも脱毛に時間がかかってしまいます。

医療レーザー脱毛は、医師が診察してから施術をするので安心ですが、いくつか注意点があります。



まず、施術する部位を日焼けしないようにしましょう。


レーザーは黒い色に反応する光です。


日焼けをして、お肌が黒くなってしまうと、ヤケドの恐れがあり、施術が行えなくなってしまうことがあります。そして、施術の前にムダ毛の自己処理をするときは、カミソリやシェーバーを使います。

毛抜きを使ってしまうと、毛根から毛が抜けてしまい、毛の生え変わるサイクルを乱してしまったり、施術を受けても毛がない状態なので、効果が得られなくなってしまいます。毛抜きを使った自己処理は、埋没毛の原因にもなり、脱毛する前は絶対に行ってはいけません。
医療レーザー脱毛を受けた後の注意点もあります。

施術当日から3日後までは、熱い湯船に入ることは避けて、シャワーで済ませるようにして、体を洗うときも、ゴシゴシ擦らないでやさしく洗うようにします。



これは、施術によりレーザーの熱が皮膚の中に残っているためです。

激しい運動やサウナも避けるようにしましょう。

注意点を守って、安全に医療レーザー脱毛でムダ毛のないきれいなお肌を目指します。


医療レーザー脱毛をどれくらいの期間受け続ければ良いのか、そういった悩み事はよく聞きます。
基本的には人によってサイクルが変わってくるので、数ヶ月間利用し続けて、自分のサイクルについて調べることが優先されるのです。

なかなかわからないかもしれないですし根気が必要かもしれないですが、じっくりと取り掛かることが大事だといえます。

信頼できる美容皮膚科クリニックであれば、定期的にもちろんカウンセリングを行ってくれますし、医療レーザー脱毛をどれくらいの期間行えば完璧な脱毛につながるのか、そういったこともアドバイスしてくれます。
なので、最初に信頼できるクリニックを選ぶことが、何よりも大切と言えるのです。

医療レーザー脱毛の効果は間違いがありませんが、期間が長く続けば続くほど、もちろん出費もかさみます。

なので、自分の予算内で収まるかどうか、そういったことも踏まえて真面目にカウンセリングに参加することが重要だといえます。

いずれにしても、医療レーザー脱毛で頭の部分をきれいにしたいと思うのか、その方向性を決めた上で通い始めることが基本です。


漠然と通って適当に脱毛するよりは、どこをどのようにきれいにした方が良いのか、自分の考えを明確にしておいた方が話を進めやすいのです。

レーザーの力で毛根部分から根こそぎ脱毛して、最終的には目立たなくなります。
綺麗な自分を手に入れたいと本気で思っているなら、利用しておきたいところです。


医療レーザー脱毛は医師の診断のもと、医療用の機械で行われるので、とても安心と思われている方も多いことでしょう。
しかしながらリスクはいくつかあるのです。安心に医療レーザー脱毛を受けるためにも、あらかじめリスクを知っておくことで、万が一のトラブルにも落ち着いて対応できるのです。

リスクをいくつかご紹介します。

医療レーザーを受けてほとんどの人が感じるのが施術直後に肌の赤み、ヒリヒリ感、むくみを生じます。

感じ方は個人差がありますが、肌が弱い人だと数日間ヒリヒリとした痛みが残ることがあります。

ほとんどのクリニックが施術直後に炎症止めの薬を塗って対処しています。
レーザー脱毛後に何らかの原因で毛穴に雑菌が入ってしまうと、毛穴周辺が赤くなったりニキビのようになったりします。

これを毛嚢炎と言います。

清潔にしていればほとんど起こることはありませんが、稀にこのような症状が起こることがあります。

またレーザー脱毛は体毛にレーザーが吸収される時に熱が発生します。

この熱が原因でやけどを起こすことがあります。

レーザーの照射出力の調節は難しく、専門医が診察の上でやけどにならないギリギリのラインで施術しますが、患者の体調や肌の状態によってやけどを起こしてしまうリスクもゼロではありません。

医療レーザー脱毛はその効果から多くの人に支持されていますが、このようなリスクもあることを十分知った上で施術を検討するべきでしょう。


また万が一トラブルにあった時に適切なアフターフォローをしてくれるかどうかも病院を選ぶ上でとても重要です。
皮膚が弱いという方は、カミソリによって除毛をしてしまいますと大変負担がかかってしまいます。



皮膚を一緒に剃ってしまうことになりますし肌荒れを起こしてしまったり、埋もれ毛などもできやすいという特徴があります。ですから、できれば肌が弱い方は医療レーザー脱毛などの方法を選択されることをおすすめします。
医療レーザー脱毛は皮膚科などのクリニックで行うことができます。
施術に関しては医師が行いますので、安心して任せることができますし、万が一肌にトラブルが起きてしまったという時であっても、すぐに対応してもらうことができるというメリットもあります。

通って脱毛することができるものとして、エステサロンでのフラッシュ脱毛もあります。

こちらは痛みも少なく照射範囲が広いために、時間をあまりかけることなく脱毛することができるというメリットはあります。
しかしより高い効果を求めるのであれば、1本1本毛根の部分にレーザーを照射していく医療レーザー脱毛の方が、確実性の部分で上回ります。モデルさんなども多く受けている施術ですし、本格的にきれいな肌にしたいということでしたら、医療レーザー脱毛はとてもおすすめです。

保険は適用にならないので、自由診療ということで料金も各クリニックで異なります。

事前に確認をされた上でクリニックを選ばれると良いでしょう。

支払いシステムとしても、都度払いや月額制のところもありますので支出のプランが立てやすく好評です。

現在の医療レーザー脱毛では、機械の改良や開発が進み様々なレーザー脱毛マシーンが登場しているため一言で医療レーザー脱毛と云っても使用するマシーンによって特徴があり、得意とする分野等がありますが、もっともその仕組みに関してはコアな部分では同様となっています。そこで、医療レーザー脱毛の仕組みとしては、まずいずれのレーザーを使用する場合でも肌の表面に現れたムダ毛を一時的に除去する方法ではなく、ムダ毛を生やす毛母細胞やこれに栄養を与える周辺細胞を破壊することでムダ毛の再生を抑制し、根本からの解消を図る方法となっています。

そして、医療レーザー脱毛ではこれらの細胞の活動を止めることが処理方法の目的であることから、毛が抜け生えするサイクルである毛周期に合わせて照射することで効率化されています。

具体的に、毛周期には毛根細胞の分裂が活発化している成長期とその活動が穏やかになる退行期、分裂活動を停止し次の成長期に向けた準備を行う休止期とがあり、これら3つの時期を経て毛が生え替わります。

そして、レーザー脱毛の目的から特に細胞分裂が活発化している成長期のムダ毛を狙って照射することで毛根細胞の活動を止め、次の成長期に入っても毛が再生されない仕組みとなっています。


また、毛周期は体の部分や個人差によってサイクルの期間が異なり、肌表面に現れる毛は体全体に存在する毛の約4分の1程度であることから、一定の間隔を置いて繰り返し照射することで完了が可能な仕組みとなっています。

Copyright (C) 2016 医療レーザー脱毛を受ける注意点 All Rights Reserved.