敏感肌の人でも医療レーザー脱毛が可能

バナー

敏感肌の人でも医療レーザー脱毛が可能

医療レーザー脱毛は、非常に多くの美容外科や脱毛サロンで行われている治療であり、脱毛治療が主流になった今最も行われている治療の一つです。


そのために、テレビなどで紹介されることも多く、最新の治療はすぐに取り上げられ翌日からは予約が殺到するという人気っぷりです。また、敏感肌であるとレーザーを当ててしまうと皮膚を弱めてしまい皮膚病の原因になると懸念されていましたが、今では医師と相談することによってレーザーの出力を設定することができるため、肌を傷めることなく治療できます。

しかし、出力を弱めてしまうとその分時間が多くかかってしまい注意が必要となります。

医療レーザー脱毛は、進歩しており最近ではレーザーを用いない脱毛も行われています。光を照射するだけで脱毛をすることができるというものですが、敏感肌の人に向けて開発された手術の一つでもあります。この手術は、一日で脱毛が行えるわけではなく通院しながら治療を行っていかなければならないために、時間がかかってしまいます。

私も医療レーザー脱毛を行ったことがありますが、敏感肌であったために最初はかぶれたり痒くなったりしていました。


しかし、紫外線照射は非常に適している治療であり効果にも期待できました。

脱毛治療の他に、医療レーザー脱毛ではわきが対策も行うことができるために、女性だけではなく最近では男性でも行っている人が増えてきており、男性専用の脱毛サロンも誕生しています。


医療レーザー脱毛を行う前にはいくつかの準備と注意点がありますので、きちんと把握してからクリニックに向かいましょう。

照射する部位の毛は前日に処理しておきます。

剃り残しがあると、その部分だけレーザーを当ててもらえなかったり、シェーピング代がかかってしまう事があります。

背中や襟足など手の届かないところは誰かに協力してもらった方が良いです。
一人暮らしなどで協力が得られない場合は、無理せず、クリニックでお願いしましょう。

毛は抜いてしまうと、毛根に毛がなくなり、1ヶ月ほど空けてから照射しなくてはいけなくなるので、毛抜きはせず、剃刀で処理する事が好ましいです。

また、ワックス脱毛や、毛の脱色も避けましょう。



レーザーは黒い色素(メラニン)に反応するため、日焼けをしているとレーザーを当てる事が出来ません。

夏の強い日差しには注意が必要です。また、当日の日焼け止めは、レーザーが反応してしまうことがあるため、塗らないようにしましょう。

医療レーザー脱毛は、当日が生理中でも施術は可能ですが、肌が敏感になり、痛みを強く感じる事があるため、出来るだけ生理時は避けた方が良いです。
また、妊娠中や授乳中は安全が保障されていないため、実施していない場所が多いです。


当日の服装は、脱ぎやすい服やゆったりとした服装を心がけ準備します(例/脇の施術であれば、中にタンクトップやキャミソールを着用)。

照射した後は肌が赤くなるので、その部位が隠れるような服装が好まれます。


初めての医療レーザー脱毛は緊張すると思いますが、体調を整え、準備万端の状態で、リラックスして当日を迎えましょう。


脱毛は気になる部分だけを受けることもできますが、あれこれと複数の部位になれば加算されて料金も高額になってしまうものです。

とくに広範囲の部位になればその部位だけの価格も高めであるため、ある程度の部位数になるのであれば全身脱毛コースで受けてみるとお得に済ませることもできます。
全身脱毛は、美容皮膚科などの病院で医療レーザー脱毛を使用して受けるのがおすすめです。

エステサロンでもフラッシュ脱毛で受けることができますが、毛の生える組織をなくしてしまうという医学に基づいた施術を受けることができるのが医師のいる場で行われる脱毛であり、効果が高いことから短期間で脱毛を完了させることができます。
医療レーザー脱毛での全身脱毛では、はじめに医師による診察から始まります。脱毛したい部位やその人の毛の質や量、肌の色や質によって出力の調整が行われ、脱毛器を複数台所有している病院であればその人に合った機種や部位ごとに使い分けをしているところもあります。

医療レーザー脱毛は、肌の色も大きく関係してきます。

メラニン色素でもある黒い色に反応するレーザーの光は、毛根に反応させる前にその手前にある肌に黒いものがあると反応してしまうために痛みや軽いやけどを負うこともあります。

一般的には日本人のような黄色人種の人の肌色に合った機種が揃えられていることが多いものですが、色黒肌に合った機種や白人のような色白肌用機種が用意されているところもあります。

医療レーザー脱毛は黒い色に反応するレーザーを使用します。

毛根にはメラニン色素が含まれているため、レーザーを照射すると熱を持ち、この熱で毛を育成する毛母細胞がダメージを受け、毛が再生しなくなる原理です。

レーザーの照射では複数の毛をまとめて処理できるため、短時間で脱毛を行える特徴があります。

メラニン色素は皮膚にも含まれていますが、日本で医療レーザー脱毛に使用されるレーザーは皮膚に吸収されにくい波長の長いものを使用するため、皮膚が受ける影響が小さくなっており、安全性が高いです。



また、医療レーザーはホクロやシミなどの色素沈着を治療する効果もあるため、利用を続けるとこれらの改善も行える特徴があります。ただし、色が濃すぎるとやけどの危険性があるため、照射を避けることがあります。
医療レーザー脱毛は毛根に含まれるメラニン色素が多い時に照射するのが効果的であり、毛周期の成長期に合わせて施術を受けます。

これは2、3か月の周期になります。


そのため、掛け持ちなどでこれよりも短い周期で同一部位の処理をしても効果的ではありません。
医療レーザー脱毛は医療行為ですが、健康のためではなく、美容のために利用するものなので保険は使用できず、全額負担になる特徴があります。

そのため、一見するとエステ脱毛と比べて高額に見えます。しかし、エステ脱毛と異なり、医師でなければ使えない高い出力の脱毛装置で施術を行えるため効果が高く、少ない回数で脱毛が終わるため、総額ではエステ脱毛よりも安くなるケースもあります。

医療レーザー脱毛を行うことによって、非常に大きなメリットを手に入れることができます。

エステティックサロンで脱毛を行うことももちろん可能なのですが、エステティックサロンのエステ脱毛は、民間のレーザーを使ったり光脱毛を使ったりすることになるので、どうしても医療レーザーより結果が出るのが遅い場合が多いのです。


スピーディーに結果を出したいと思ったら、美容皮膚科クリニックの医療レーザー脱毛をお勧めします。それに、レーザーと一言に言っても質があります。一般的に使うエステティックサロンのレーザーよりも、もちろん医療機関が利用する医療レーザーの方が信頼できるものが多いです。
なので、安心して身を任せることができると言うのも、医療レーザー脱毛の魅力の1つだといえます。


他にもたくさんのメリットが存在しますが、なにはなくとも医療機関を利用する場合は、評判の良い医療機関を探さなければ話にならないので注意が必要です。
美容皮膚科クリニックと一言に言ってもいろいろな評判があります。


できるだけ人気があり、信頼と実績があるところを選ぶようにしたいところです。

今の時代では、男性も女性も全く関係なく、医療レーザー脱毛を受けるようにしています。

新宿の脱毛の情報サイトを利用して良かった。

それによって、見た目が非常に綺麗で爽やかになり、異性から積極的に良い印象を持ってもらえると言う最高のメリットがあるからです。
こういったメリットを得たいと思っているならなおのこと、積極的にやってみたほうが良いといえます。

Copyright (C) 2016 敏感肌の人でも医療レーザー脱毛が可能 All Rights Reserved.